外壁塗装のキャンペーンやパックは信用しても大丈夫!?危ないキャンぺーンの見分け方

ここ最近、外壁塗装の業界にも「安売り」の波が押し寄せつつあります。
ネットで「激安!」とうたう塗装業者も増えて、とにかく安く施工できるというウリで工事契約を獲得している傾向がありますが、これらの安売り塗装業者は後にトラブルに発展することも少なくありません。

これからマイホームの外壁塗装をしたいと考えている方にとって、とても魅力的な響きである

  • キャンペーン価格
  • パック料金
  • 特別価格

などのうたい文句ですが、飛びつくのはちょっと危険です。

今回は、トラブルの原因になりやすい「キャンペーン」や「パック」が本当に信用できるのかを探っていきましょう。

「キャンペーン」や「パック」の見極め方

外壁塗装業者がアピールするキャンペーンやパックは、どれでも信用して大丈夫というわけではありません。

信用できるものと疑わしいものの見極め方があるので、しっかりポイントを押さえておきましょう。

信用度が高いキャンペーンやパック

外壁塗装のキャンペーンやパックで信用度が高いものは

  • 「毎月限定◯棟」のように件数が決まっているキャンペーン
  • 「インターネット申込み限定」のキャンペーンやパック
  • 「60万円パック」など工事の価格が頭打ちされているパックやキャンペーン
  • 「1棟まるごとパック」など幅広い工事項目がしっかりまとめられたパックやキャンペーン

などです。

限定件数が決まっているものは、席が埋まればキャンペーンやパックの案内が終了するので、案内があるうちは信用度大。

またインターネット申込み・web申込み限定などは、ホームページ開設後のPR手段などとして活用される販促方法なので、信用度は高めです。

「◯万円パック」や「1棟まるごと」のように幅広い工事項目を定額で施工するという内容のものは、ポイントさえ押さえておけば信用度大です。

「◯万円パック」・「1棟まるごと」で注意したいポイント

「◯万円パック」・「1棟まるごと」などのキャンペーンやパックの外壁塗装では、いくつかの点に注意を払う必要があります。

①必要な工事項目が漏れなく含まれているか?

悪質な外壁塗装業者では「◯万円パック」・「1棟まるごと」のキャンペーンやパックをうたっても実は「外壁と屋根だけのパックで、付帯部分は別料金」という設定で、付帯部分に割高な価格を設定してぼったくるケースがあります。必ずキャンペーンの対象やパックに含まれる工事項目に外壁・屋根・軒天井や破風などの付帯部分が含まれているかを確認しましょう。

②塗装面積の記載がないか?

キャンペーン対象やパック内容の工事項目が漏れなく確認できても安心できないのが「塗装面積の限定」です。チラシやパンフレット、webページの「キャンペーン」や「パック」という大きな文字に隠れて、目につきにくいような小さな文字や薄い色の文字で「ただし、100㎡まで」「100㎡の場合」などの記載がないかをチェックしましょう。悪徳業者の場合は「おたくの住宅の広さだと、この料金にはならないんですよね」といって結果として全くおトクにならない工事金額を提示してきます。このような記載が元でトラブルに発展するケースは少なくないので、チラシやパンフレット、webページを目を凝らして確認しましょう。

③塗料が低ランクのものでないか?

低価格で外壁塗装を提供する場合、塗料のランクにぜいたくは言えないのが実際のところ。とはいえ「安かろう・悪かろう」では塗り替え適齢期が早く訪れてしまい、足場代などの固定費がかさんでしまうのでトータルコストは高くなってしまいます。ランクの低い塗料を使って格安でも、ワンランク上の塗料にすれば相場程度か、もしくはそれ以上に高くなってしまう塗装業者もいるので、キャンペーンやパックの対象となる塗料のランクは注目すべきでしょう。

疑わしいキャンペーンやパック

外壁塗装のキャンペーンやパックで疑わしいものは、

  • 「本日限りの」というその場限りをアピールするキャンペーン
  • 「即決限定」で即決を促すキャンペーンやパック
  • 「今日が最終日です」「あと◯日で終了します」といきなりキャンペーンやパックの終了をアピールする
  • 「キャンペーン中なので◯◯万円値引きします」とキャンペーンやパックをウリにしたセールストーク

です。

これら全てに共通して言えるのは、施主に「即決を迫る」という点です。

キャンペーンやパックをウリにして即決を迫るのは「即決してくれないとサービスはしないよ」という強迫的な悪どいセールス手法です。

外壁塗装の悪徳業者は、他社の見積りと比較されることを恐れています。

なぜなら、相場からかけ離れた費用価格を提示していたり、必要な工事項目を省いていたり、不必要な工事項目を追加していることが、プロの塗装業者が見れば一撃でバレてしまうからです。

そのため、他社の見積りと比較されてしまう前に契約まで進めてしまいたいという思惑があり、即決を迫るのです。

即決を迫る業者は、セールスマンが自宅に突然訪ねてくる訪問販売・訪問営業の業者ばかり。

消費生活センターに寄せられるトラブルのほとんどが訪問販売・訪問営業の業者なので、外壁塗装で失敗しないためには即決を迫る業者は即お断りしましょう。

信用できるキャンペーンと疑わしいキャンペーンの見極め方

外壁塗装のキャンペーンやパックについて、信用できるものと疑わしいものを例示していきました。

これらの決定的な違いはどこか分かりましたか?

答えは

“「元々がキャンペーン価格」なのか?それとも「キャンペーン価格を理由に値引き」するのか?”

という違いです。

きちんとした塗装業者は、できる限りの低価格で外壁塗装ができる商品としてキャンペーンを売込みます。

ところが、疑わしい悪徳業者は「値引きの対象になりますよ」というセールストークのためだけにキャンペーンやパックを引合いに出しているに過ぎないのです。

いくら値引き対象とはいえ、いきなり訪ねてきて「今日契約すれば半額」「いますぐ決めてもらえれば100万円引き」などと言い出す業者のことを信用しろなんてムリな話です。

最初は相場よりもはるかに高い単価設定で高額な工事であるかのように見せかけて、キャンペーンやパックを理由に値引きをして、相場よりも高い金額または相場どおりの金額でも「安くなっている」と錯覚させる手口です。

悪質なサービス商法に引っかからないためには、値引き前の見積りが適正な価格であるかを見極めることが重要です。

外壁塗装の各工事項目の相場を知って、見せかけの値引きに騙されないようにしましょう。

外壁塗装のキャンペーンのまとめ

外壁塗装のキャンペーンやパックが本当に信用できるのかを紹介しました。
最後におさらいをしておくと、本当に信用できるキャンペーンやパックは

  • 最初からキャンペーン価格が決まっているもの
  • キャンペーンやパックの仕様が決まっているもの

です。
反対に疑わしいキャンペーンやパックは

  • 「今日までの」「今すぐなら対象」のように即決を迫るもの
  • 最初に高い金額を提示しておりて、あとでキャンペーンやパックを値引きの理由にするもの

です。

本当に優良な塗装業者が展開するキャンペーンやパックは、利用すれば高品質な工事をできる限り安く施工することができるので、上手に活用しましょう。

キャンペーンやパックが本物はどうかを見極めるには「一括見積りサイト」を利用した相見積りが便利です。

一括見積りサイトを利用して複数の塗装業者の見積りを入手し、キャンペーンやパックをウリにしている塗装業者の見積り価格が適正なものかどうかを確かめて、賢くキャンペーンやパックを活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です