外壁塗装の道具は3種類!ハケ・ローラー・スプレーの使い方を徹底解説

外壁塗装では、主にこの3種類を利用します。

  • ハケ(刷毛)
  • ローラー
  • スプレー

塗装する箇所や工程・工法などによってこれらの道具を使い分けるわけですが、実際に塗装工事が始まった時にみなさんが

「アレはなにをやってるんだ?」「あそこはどうやって塗るんだろう?」

と疑問を持たないように、外壁塗装で使用する道具について解説しましょう。

ハケ(刷毛)塗り

専門の外壁塗装業者に限らず、DIYでも大活躍する塗装道具といえばハケですね。ハケは漢字で「刷毛」と書きます。

ハケは塗装道具の中でも最も古い道具で、塗装する場所や形状に左右されずどこでも塗ることができます。

ただし、ハケの面積分しか塗れないので、広い面積を塗装しようとすると時間がかかってしまうのが難点。

外壁塗装の業界では、ハケ塗りこそ職人の腕の見せどころ。

ハケ塗りをすると、どうしても「ハケ目」と呼ばれるハケが通ったスジが立ってしまいますが、熟練の職人がハケ塗りをするとハケ目がほとんど見えません。

作業効率が悪いので最近では滅多にお目にかかれませんが、全行程をハケ塗りするこだわりの塗装業者も存在します。

現在では、軒天井や破風の木部などの狭い面、広い面のキワにあたる箇所、雨どいの曲面などを塗装するために使用されていますが、若手の職人や腕に自信がない職人の中には「ハケ塗りは苦手」という人も少なくありません。

ハケの種類

ハケは、塗装する面の広さや塗料の粘度に応じて使い分けをします。

広い面の塗装に適しているのが「平ハケ」ですが、現在では主に塗装前にホコリなどを払うために使う「ダスター」として使用されています。

狭い面・面のキワなど細かい塗装をする時は「筋交い(すじかい)ハケ」を使います。

現在の外壁塗装ではこの筋交いハケが主流。持ち手に対してハケが斜めになっているのが特徴で、実は日本にしか存在しない独特なハケです。

プロの外壁塗装職人は、さらにハケのサイズによって「隅切り用」「ダメ込み用」などを使い分けます。

専門店だけでなく、ホームセンターの塗装コーナーでも筋交いハケが最も品揃えが豊富で、特にDIYコーナーでは「万能ハケ」として販売されているので目にしたことがある方も多いでしょう。

非常に狭い面や筋交いハケが入らないような隙間などを塗装する時に活躍するのが「目地ハケ」。目地部や雨どいのウラにある壁面などはコレがないと美しく仕上がりません。

ちょっと珍しいのが「寸胴ハケ」。持ち手に対して真っ直ぐにハケが付いていて、下地塗料やサビ止め塗料などのように粘度が高い塗料を塗装するのに適していますが、現在では使っている職人はレアです。

ハケの材質

ハケの「毛」に使われている材質は、用途に応じて使い分けられます。

まずは動物の毛。

  • 馬の尾・たてがみ・胴毛・足毛
  • 豚の毛
  • 羊の毛
  • 山羊の毛

などがあります。動物の毛は人間の毛と同じで、真っ直ぐに見えても微妙なうねりがあります。

さらに、キューティクルと呼ばれるうろこ状に重なり合った組織が毛の表面を覆っているため、塗料の含みが良く、滑らかで美しい仕上がりになります。

もう一つは化学繊維。ナイロンやポリエステルなどで製造されており、塗料の含みという点では動物の毛に劣りますが、各メーカーが開発・研究を重ねて、動物の毛に似せた構造にしたり異なる形状の毛を交ぜて塗料の含みを向上させています。

硬化剤を交ぜて化学反応で硬化を早めている塗料など、乾燥が早い塗料には化学繊維のハケが適しています。動物の毛と比べると安価なので、DIYにはこちらがオススメですね。

【現役プロ業者の一言】

「塗料の含み」とは、カンタンに言うと「塗料をためこむ力」のことです。ハケやローラーは、たっぷりと塗料を含ませて伸ばすことで平滑な美しい面を作ります。この「含み」が弱いと、ハケやローラーが塗面から塗料を吸い取ってしまうためスジやムラが生じてしまいます。DIYにも役立つ知識なので覚えておきましょう。

 

動物の毛でも化学繊維でも、ハケは使い捨てではありません。水性塗料で塗装した場合は水で、溶剤系塗料で塗装した場合はシンナーで丁寧に洗って保管します。

特に溶剤系塗料の塗装に使用しているハケは、ハケ壺と呼ばれる缶の中に吊るして毛をシンナーやオイルに浸けて保管します。

作業終了間際になって、丁寧にハケの掃除をしている塗装業者は丁寧な仕事をする業者だと判断する目安になるでしょう。

ローラー塗り

外壁塗装をより効率的に、より美しく進歩させたのが「ローラー」です。

現代の外壁塗装では、ローラーの使いこなしが仕上がりの美しさを左右すると言っても過言ではないでしょう。

一般的にローラー塗りはハケ塗りの2倍の効率で塗装できると言われていますが、個人的には2倍どころか3倍・4倍以上の効率差があるように感じますね。

ローラーの種類

ローラーは、耐水性のある硬い紙製またはプラスチックなどの合成樹脂でできた芯の周りに毛を巻きつけてある道具です。

これに芯棒を指してコロコロと転がすわけですから、初心者でもカンタンに広い面を塗装することができます。

ローラーの毛にも、動物の毛とポリエステルなどの合成繊維のものがありますが、ローラーは塗装を重ねていると毛が痩せてくるためこまめに交換するのがベスト。

使い捨てになるので、高価な動物の毛よりも合成繊維のものが主流になっています。

ローラーには毛の長さによって

  • 長毛
  • 中毛
  • 短毛

があり、荒い面には長毛、平滑な面には短毛が適しています。

中毛はオールマイティーに使用することができますが、特に荒い面に使用するとすぐに毛がボサボサになってしまいます。

ローラーの使い分けを間違ってしまうと、毛が痛んでしまい塗装面が美しく仕上がらないだけでなく、塗料が飛び散ってしまい周囲を汚してしまうので、プロの塗装業者はしっかりと使い分けをしています。

同じ合成繊維でも、粗悪なものだと毛の密度が薄く、高級なプロ仕様のものだと毛の密度が濃く塗料の含みも良いため、気泡や抜け毛を最小限に抑えて美しい仕上がりを求めたいプロの塗装業者はローラーもできるだけ高級なものを使用します。

また、ローラーは壁面の模様である「パターン」を作ることができます。

硬いスポンジ状の「砂骨ローラー」を使えば、細かに波立っているようなパターンを作ることができます。

ほかにもスポンジローラー・ヘッドカットローラー・特殊形状ローラーなどがあり、用途に応じて使い分けをします。

【現役プロ業者の一言】

職人の技術による差が生じにくいと言われているローラー塗り。確かに一定の仕上がりが期待できますが、技術の低い職人がローラー塗りをすると段差やムラができてしまいます。ローラー塗りが終わったら、太陽光が当たる面を色々な角度から見て、色ムラがあれば営業マンに指摘しましょう。

スプレー塗り

外壁塗装の工法で最も効率が良いのがスプレー塗りです。

スプレーといっても、みなさんがDIYで使用する缶スプレーなどではなく、機械で空気や塗料に圧力をかけてガンで吹き付ける工法で、外壁塗装業では「吹き付け」と呼びます。

吹き付けで使用する機械には、圧縮した空気と塗料を混ぜて噴霧する「エアーコンプレッサー」タイプと、塗料自体を圧縮して噴霧する「エアーレス」タイプがあります。

スプレーによる吹き付けは、広い範囲に効率よく塗装できる反面、周囲に塗料の粒子が飛散してしまうため防護ネットを張り巡らせて飛散を防止したり、防護ネットを張っていても風がある日は作業を避けるなどの注意が必要になります。

また、機械の騒音も大きいので、作業の前には近隣の住宅に理解を得ておく必要があります。

スプレーによる吹き付けは、乾燥が早い塗料の塗装に適していますが、ガンを交換することで、塗料を薄く重ねたり、粘度が高い塗料や砂状の粒子を混ぜた塗料を吹き付けることもできます。

スプレー塗りは熟練の技術が必要!

作業効率がバツグンに良いスプレー塗りですが、施工した職人の技術の差が生じやすいのもスプレー塗りの特徴でしょう。

スプレー塗りは、近すぎてもダメ・遠すぎてもダメ。DIYで缶スプレーを使って塗装した経験があれば、スプレー塗りで思いどおりに仕上げるのが非常に難しいということは理解できるはずです。

近すぎると塗料が液だれを起こしてムラになり、遠すぎると粒子が揃わずにザラザラとした感触が残ります。

ガンと塗装面の距離は約20㎝、塗装面に対して直角・平行に動かして、ハケやローラーと同じく無駄に重ならないように塗装する必要があります。

均一に噴霧を続けてしまうと重なり合った箇所の塗料が厚くなってしまうので、手が届く範囲の最後はガンのトリガーを緩めてフワッと切る感覚など、実際にやってみると本当に難しく感じるでしょう。

【現役プロ業者の一言】

スプレー塗りはムラが生じやすい工法です。外壁をスプレー塗りした場合は、必ず足場を解体してしまう前に外壁をぐるっと一回り確認して、ムラがないかをチェックしましょう。足場を解体する前でないと手直しをすることができないので、ムラがあれば足場の解体前に指摘して手直しをしてもらいましょう。

 

外壁塗装の道具のまとめ

ここでは、外壁塗装で使用する道具について紹介しました。

実際に施工するのは塗装業者の職人だし、みなさんは予備知識として知っておけば良い程度の情報だったかも知れません。

ただし、塗装業者の良し悪しを判断する材料や、より美しい仕上がりを求めるためのポイントも併せて紹介したので、みなさんのマイホームの塗り替えを成功に導くためにも、ぜひ頭の片隅にでもとどめ置いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です