外壁塗装の塗り方は手塗りと吹き付けの2種類!手塗り(ハケ・ローラー)と吹付け(スプレー)で使う道具

外壁塗装での塗り方は手塗り(ハケ・ローラー)と吹付け(スプレー)の2種類

みなさんは「外壁塗装」と聞くと、どんな作業を想像しますか?

日曜大工のようにローラーでペンキを塗る姿、スプレーで広範囲を塗る姿、色々な作業を思い浮かべることでしょう。

一口に外壁塗装といっても、塗装する箇所や希望する模様などによって塗り方が異なります。

ここでは、外壁塗装で実際に使われる塗り方を紹介していきましょう。

塗り方は「手塗り」と「吹付け」の2種類がある

外壁塗装で使われる塗り方は、まず大きく分けると手作業で塗る「手塗り」と、動力によって塗料をスプレー状に塗布する「吹付け」に大別されます。

  • 屋根は吹付
  • 外壁は手塗りまたは吹付け

という具合で、一軒の住宅の屋根壁すべてを塗装する際には、吹付けも手塗りも両方が登場してきます。

例外的に「全て手塗り」というケースもありますが、反対に「全て吹付け」というケースはあまり考えられません。

なぜなら、吹付けは広範囲を塗装することに長けていますが、細かい箇所を塗装することには向いていないからです。

吹付けで細かい箇所を塗装しようとすると、塗りたい部分だけを残して周囲を養生(マスキングのこと)する必要があり、ムダな手間と時間をかけることになります。

細かい箇所は手塗りをしないと対応できないので、住宅の外壁塗装では必ず手塗りが登場します。

「手塗り」の塗り方で使う道具

手塗りで使う道具は「ハケ(刷毛)」と「ローラー」の2種類です。

説明は不要かも知れませんが、ハケは面の広い筆のようなもの、ローラーは転がすことで塗装するものですね。

ハケとローラーは、主に外壁、軒天井、雨どい、基礎(幅木とも呼びます)の塗装で活躍します。

細かい塗装が得意な「ハケ」

ハケは主に細かい箇所の塗装で活躍します。ハケの中でも「平刷毛」という広い範囲を塗装できるハケがありますが、あまり使われてません。

平刷毛でしたら、同じくらい広い範囲を塗装するローラーの方が多用されています。ローラーのほうが「ハケ目」というハケが通った跡が出にくいからです。

主にハケは木部や雨どいなどの細かい箇所を塗装する際に使用する道具ですが、実は細かい箇所ではなくてもハケが活躍する場面があります。

それが「ダメ込み」です。

ダメ込みとは

ダメ込みとは外壁塗装業界の専門用語で、塗装する面と他の箇所との境目にあたる部分をハケで先に塗装することです。

正しくは境目にあたるスミを塗ることから「スミ切り」といい、パネルとパネルの間などの深さが生じている部分だけを先行して塗ることを「ダメ込み」と呼びますが、これを総称して「ダメ込み」または「ダメる」などと呼ぶ職人が多いようです。

カンタンに言えば「縁取り」だと考えれば良いでしょう。

ハケの塗り方には特殊な技法などはありません。ただし、熟練の塗装職人は先ほど説明したハケ目が全くと言ってもいいくらい分からないように塗装します。

ハケ塗りの箇所の出来栄えをみれば、その塗装職人の技量や「丁寧な仕事をしよう」という心意気が測れると言っても過言ではありません。

見習いの間はどうやってもハケ目が目立ってしまい美しい仕上がりとはいえないので、美しいハケ塗りこそが特殊な技術だと言えるでしょう。

広範囲の塗装には「ローラー」

今や外壁塗装の主流となっているのがローラーです。

柄の先に装置したローラーに塗料を含ませて転がすことで、ハケよりも広い範囲を塗装することができます。

ローラーには大きく分けると「ウールローラー」と「砂骨ローラー」の2種類があり、工程によって使い分けます。

ウールローラーとは

ウールローラーとは、本来は実際にウール(羊毛)を用いたローラーのことですが、ウール以外にも化学繊維などを用いたものも総称してウールローラーと呼んでいます。

外壁に模様をつけない塗装に長けていて、下地塗り、中塗り、仕上げの上塗りのいずれにも活躍する道具です。

毛の長さによって

  • 短毛(5㎜程度)
  • 中毛(13㎜程度)
  • 長毛(20㎜以上)

に分かれており、毛が長いほど塗料の含みが良く、たっぷりと塗料を塗りつけることに長けています。

砂骨ローラーとは

砂骨ローラーとは、少し硬いスポンジのような材質のローラーです。

シフォンケーキ程度の空洞があり、塗料を一度に大量に含ませることができるので、塗料を厚く塗りつけたい場合や、塗料自体の粘度が高い場合に用いられます。

砂骨ローラーが最も活躍する工程は下地塗りでしょう。

砂骨ローラーがマスチックローラーと呼ばれる理由

みなさんは住宅の外壁を触ってみた時に「意外と柔らかいな」と感じたことはありませんか?

この意外と柔らかい材質の正体は、下地塗りで使用された「弾性塗料」です。

乾燥前はローラーに含ませてもポタポタと滴ることがないくらい粘度が高く、乾燥後も少し硬いゴムのように仕上がります。

この材質を利用することで、ごく小さな波模様を作る技法が「マスチック塗装」です。

マスチック塗装に使用されることから、砂骨ローラーのことを「マスチックローラー」と呼ぶこともあります。

また、ウールと比較すると粒子が荒い塗料でもローラーに含ませることができるので、細かな砂を含んだ塗料などを塗装する際にも活躍します。

ローラーはカンタンに広範囲を塗装することができて、しかも動力が不要なので、DIYなどでも活躍しますね。

ただし、外壁塗装の職人がローラーを使えば、ローラーとローラーの境目が浮き出ないように均一に塗装します。

特にローラーとローラーが重なり合った部分は、塗料の量が多くなってしまい段差が生じて仕上がりのツヤに悪影響を及ぼします。

しかし、熟練の塗装職人になれば、まるで一枚のシートを貼り付けたかのように均一に塗装することができます。

「吹付け」の塗り方と使う道具

手塗りと対照的な立場にあるのが「吹付け」による塗装です。

吹付けとは、動力を利用して塗料をスプレーして塗装することです。

大きく分けると吹付けには空気圧を利用した「エアー」と、空気圧を利用しない「エアーレス」に二分されます。

吹付け塗装の特徴はこちらです。

  • 手塗りでは表現できない塗装方法ができること
  • 塗料を広く塗布できること
  • 作業時間が短くなること

自動車のボディーをイメージすれば分かるとおり、スプレーで塗装する方法ならムラなく均一な塗装が可能になります。

吹付け塗装の欠点は、手塗りと比較すると塗料の飛散が大きい点でしょう。

吹付け塗装をする場合には、周囲にネットを張り巡らせて周囲に塗料が飛散することを防止する必要があります。

飛散防止ネットを張っても風の強い日には塗料の微粒子が飛散することがあるので、周囲に住宅が密集しているような場所で吹付けをすると苦情に発展することも多々あります。

作業時間を短縮できる一方で、周囲への気遣いが必要になるのが吹付け塗装の特徴と言えますね。

厚い塗膜を作るには「エアー塗装」

エアー塗装は、エアーコンプレッサーで圧縮した空気と一緒に塗料を吹き出して塗装する機械です。

長いホースの先端に「ガン」と呼ばれる吹付具を装着して塗装します。

エアー塗装は塗料の吐出量が多いのが特徴で、特に高粘度の塗料を塗装する際に活躍します。

エアー塗装は「リシン塗装」と「スタッコ塗装」を美しく仕上げる

主に下地塗りの際に使用し、「リシン塗装」と「スタッコ塗装」を美しく仕上げるのが、エアー塗装の専売特許とも言えます。

  • 細かい砂状の骨材が混ぜ込まれた塗料を吹き付ける「リシン塗装」
  • さらに多めの骨材を混ぜ込みリシンよりも立体感を生む「スタッコ塗装」

「タイル塗装」はエアー塗装でないと表現できない

また、粘度の高い弾性塗料を玉状に吹付けた後、プラスチックのローラーで玉を平たくならす「タイル塗装」はエアー塗装でないと絶対に表現できません。

タイル塗装は不規則な大きさの幾何学的で独特な模様を表現できます。

玉状の塗料の頂点部分をならすことから、別名「ヘッドカット」や「タイルカット」などとも呼ばれています。

仕上がりの美しさに長けた「エアーレス塗装」

エアーレス塗装は、機械の内部で塗料自体を圧縮した勢いで噴射する塗装方法です。

エアー塗装と比較すると塗料の吐出量が少ないため塗膜は薄くなりますが、ムラなく均一に塗布することができるので、下地塗り、中塗り、上塗りと塗装を重ねていけば仕上がりは非常に美しくなります。

エアーレス塗装が主に活躍するのは屋根の塗装です。

特に瓦屋根の場合は、瓦と瓦の間に塗料が厚く乗ってしまうと屋根の水はけを阻害してしまい、雨漏りの原因になってしまいます。

素人目線では「瓦の隙間を埋めてしまえば雨水は全て外に逃げるのでは?」と考えがちですが、瓦の下にはちゃんと雨水の逃げ道があり、この逃げ道を通る道筋を塞いでしまうと思わぬ箇所からの雨漏りに発展してしまいます。

屋根の構造によっては手塗りの厚みだけで雨漏りの原因になることもあるので、住宅を保護する意味でもエアーレス塗装は屋根の塗装に最適なのです。

外壁塗装の塗り方は手塗りと吹き付けの2種類!手塗り(ハケ・ローラー)と吹付け(スプレー)で使う道具のまとめ

ここでは実際に外壁塗装で利用されている塗り方を、目的や使用する道具別に紹介していきました。

一軒家を例にすれば、このような流れが一般的だといえます。

  • 屋根はエアーレスで吹付け
  • 軒天井・雨どい・木材・基礎などの細かい部分やハケやローラーでの手塗り
  • 外壁の広い面は、下地塗りはエアー塗装や砂骨ローラーで模様を付けて、中塗りと上塗りはローラーで手塗り

住宅の外壁に模様をつけるのは下地塗りの段階なので、下地の塗り方をいくつか理解しておけば、塗装業者と外壁塗装の相談をする際にスムーズかも知れませんね。

依頼する塗装業者によっては得手不得手や取扱いの有無もあるので、希望する外壁塗装の塗り方を踏まえいくつかの塗装業者に相談すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です